絵本の製本会社☆徹底リサーチ

home > 絵本の製本について > 製本業者に絵本を制作してもらう料金目安

製本業者に絵本を制作してもらう料金目安

 専門業者に絵本を作ってもらう時は、費用はかかります。
製本の料金がどれぐらいになるかは、ニーズ次第です。
ページ数にも左右されますし、発行の早さに左右される一面もあります。
例えば料金に関わる要素の1つに、ページ単価があります。
1ページあたりの金額が決まっていますが、ボリュームが多くなれば料金も高めになってきます。
例えばある専門業者の場合は、1ページあたりの単価を1.6円に定めています。
ですからその業者に100ページ分の絵本を作ってもらう時は、単純計算で1600円ぐらいかかる訳です。
150ページであれば、2400円といった具合になります。
ですからボリュームが多めな絵本を作ってもらう時は、必然的に料金も高めになります。
その他にも、色々な料金が加算されてきます。

 そもそも絵本にも、色々な綴じ方があります。
綴じる作業が簡単な時は、料金も低めになるケースが多いです。
例えば中綴じという方法があります。
書籍を2つ折りにする方式になります。
2つに折った時の中心部分をホッチキスで固定する綴じ方で、作業工程はそれほど複雑ではありません。
それだけに料金も低めになる傾向があります。
また無線綴じという方法もあって、ある意味ファイルに格納するような綴じ方になります。
複数の紙をファイルでワンセットで閉じて、紙の片側を糊付けする方式です。
やや手間がかかる作業を行う必要があるので、料金は若干高めです。
ある製本の専門業者の場合は、中綴じの料金は一部につき1円になります。
そして無線綴じの場合は122円になるので、絵本の綴じ方も料金を左右します。

 ところで絵本の制作を希望している方は、少々急いでいる事があります。
取引先との兼ね合いがあって、急ぎで本を制作してほしいというニーズを抱えている方も多いです。
製本業者によっては、急ぎで本を制作してもらう事はできます。
本来であれば1週間ぐらいかかる作業を、3日程度で仕上げてくれる専門業者もあります。
ただ急ぎで本を制作するとなると、別途料金を支払うケースが多いです。
いわゆる特別料金を支払う形になり、たいていは数千円ぐらい加算されます。
その特別料金は、専門業者によって異なります。
3000円ぐらいで急ぎで仕上げてくれる業者もあれば、4000円台になる業者もあります。
ですから絵本の制作料金は、色々な要素に左右されます。
ボリュームが多い絵本を作ってもらう時や、無線綴じにしてもらう時は、料金は若干高めになるケースが多いです。
基本的には、1冊あたり1500円ぐらいになる傾向があります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP