絵本の製本会社☆徹底リサーチ

当サイトで絵本製本サイトの比較検討をして下さい

オリジナルの絵本の製本をどこかの専門サイトに依頼してみようと考えた場合、自分でインターネットを使って業者のホームページをチェックするのはとても大変ですよね。当サイトなら比較検討がとても簡単にできるようになっています。

比較検討することで何がわかるのかというと、当サイトの場合は料金体系や口コミ情報や実績等がわかります。事前に比較してもらうことで、より良い本がしっかり製本されますし、価格に関しても抑えることができるでしょう。

当サイトの利用は当然無料ですから、安心して利用して下さい。自分ひとりで情報を集めるのは大変でしょう。かなり多くの時間がかかりますから、当サイトで時間の短縮に繋がりますし、費用も一切かかりませんから、使い勝手がとても良く多くの人々に利用されています。確実に素敵な絵本が完成するでしょう。

きょうゆう出版

POINT

データであれば少ないステップで簡単に入稿できる
原画は高性能のスキャナーでデータ化される
製本方法や紙質など色々な選択肢がある
公式サイトはコチラから

同人誌といえば小説や漫画形式が多いですが、絵本もあります。そして同人誌を専門的に取り扱っているきょうゆう出版では、オリジナル絵本の作成依頼も可能です。特に同人に限らず、プレゼントを始めとした色々な目的で作成できます。

入稿方法はデータと原画の2通りに対応しているため、パソコンで製作しても問題ありませんし、手描きのものをわざわざスキャンする手間も省けます。原画の場合はA3サイズまで対応可能で、郵送や持ち込みで手渡した後にプロ仕様のスキャナーでデータ化されます。

製本方法には早さが強みの無線綴じと、本格的なハードカバーの2通りがあります。また使用する紙の質感や、オプションとしてのカバーの有無など指定できるポイントが豊富です。

ラクスル株式会社

POINT

作成部数1部から依頼できるという便利さ
顧客のニーズに応える多彩な製本が可能
テンプレートで入稿用データ作成も楽々
公式サイトはコチラから

絵本などの製本をプロに依頼するときには、ラクスル株式会社が便利です。なぜなら24時間ネットでいつでも注文できるからです。さらに、作成部数も1部からOK。価格もA4版中綴じ冊子(8~64P)で500円という安さです。

製本可能なバリエーションの豊富さも特長の一つです。中綴じ冊子(8-64ページ)はA3・A4・A5・A6・B4・B5・B6・CDに対応。無線綴じ冊子(6-124ページ)はA4・A5・B5・B6で作成可能です。もちろん、用紙の向きや種類・厚さ・表面加工など、イメージどおりに作れます。

入稿用テンプレートが提供されていることも魅力です。その種類もワードだけではなく、イラストレーターやパワーポイントによるテンプレートも準備済み。これなら初めて製本を依頼する方も安心できます。

冊子・カタログ印刷が100部5000円~ 激安ネット印刷ならラクスル

スピード冊子印刷.com

POINT

絵本の製本のノウハウを有している
絵本の自動見積りなので利用しやすい
原稿の入稿は選択肢が豊富であること
公式サイトはコチラから

絵本の製本というのは、通常の本に比べるとその方法が特殊です。スピード冊子印刷.comは、独自の製本技術を有しているため、要望に合わせて対応することができます。絵本のイメージに合わせた製本方法を提案します。

製本の種類が豊富なので、イメージする絵本のデザインや内容を吟味した上で、製本の仕方を選ぶことが出来るシステムです。事前に相談をすることで、絵本の内容に合わせて製本方法を提示することが出来るサービスがあります。

スピード印刷をモットーとしているので、入稿から印刷まで待つ必要がありません。事前に自動見積りを利用すれば、いくら費用がかかるかを把握することができるので、予算に応じた製本方法を選ぶことができるようになりました。

ガップリ!

POINT

自費出版でも問題ないプロレベルの仕上がり
複数のメリットがあるリング式の製本も可能
楯横正方形と色々な形に対応可能
公式サイトはコチラから

オリジナルの絵本を作成する際に、しっかりとしたハードカバーでプロレベルの仕上がりにできるのがガップリ!の特徴です。身近な子どもに読ませるためだけでなく、自費出版としても遜色ないクオリティが期待できます。

絵本はミシンを使用したり糸かがりで閉じるなどの方法がメジャーですが、ガップリ!では複数の輪っかで繋ぐリング製本も可能です。ページを180度開いてもダメージが少なく、裏側に回してしまうと全体を小さくまとめられるのが特徴です。

サイズはB6からA4まで4段階に対応していて、縦横のどちら向けにも印刷できるので幅広い物語に合わせられます。そのサイズ内であれば、開くと長方形になるバランスのとれた正方形にもできます。

冊子印刷のオリンピア

POINT

データ入稿と紙媒体のどちらでも入稿できる
本格的なオプションも充実している
簡単に見積もりできるフォームがある
公式サイトはコチラから

色々な印刷物を取り扱っている冊子印刷のオリンピアでの絵本製作は、無線・中綴じ・ハードカバーの3通りの製本方法が用意されています。いずれの方法を選択しても、1冊単位の少数から大ロットまで幅広く対応可能です。

データで入稿する場合は、デザイン専用のソフトからあらかじめパソコンに内蔵されているものまで色々な形式に対応できます。紙媒体の場合でも、シンプルな手描きだけでなく写真を貼り付けたものなどある程度特殊な形でもスキャン可能です。

絵本にはブックカバーや表紙への金銀箔押しといった充実したオプションがあります。そしていくつもの要素を指定するだけで、大まかな料金が把握できるフォームが用意されています。

プリントビズ

POINT

1冊単位の少数でも依頼可能
幅広いページ数とサイズに対応できる
フルカラー印刷で本格的なハードカバー仕上げ
公式サイトはコチラから

製本会社にはコストの安さを最優先しているところも多いですが、プリントビズでは価格よりも質を重視しています。絵本の制作は1冊単位から可能で、フルカラー印刷されたものがしっかりとしたハードカバーで仕上げられます。

作成できる絵本は32ページから144ページまでなので、長編の物語にも対応可能です。サイズは縦横の限界が決められていて、その範囲内であれば変形しても問題ありません。また紙はマットコートなどの質感だけでなく厚みも選択できます。

注文するタイミング次第で細かな日数は変わりますが、大体1週間前後での発送となります。必ず依頼者宛てに送らなければならないわけではないため、プレゼントなどの場合には直接送り届けることも可能です。

絵本の製本作業は実績がある印刷会社に任せよう

絵本の製本作業を行う際には、各地で実績がある印刷会社と契約を結ぶことが重要です。特に、絵本の各ページのデザインや文字の大きさ、レイアウトなどにこだわるにあたっては、オプションサービスが充実している印刷会社を選ぶと良いでしょう。最近では、法人から個人まで様々な立場の顧客に対応している印刷会社の数が増えているため、早い段階から複数の会社の人気のサービスについて確認しておきましょう。また、絵本の製本作業に掛かる費用は、ページ数や印刷方法などによって大きく異なります。また、シーズンによっては通常よりも製本作業に時間が掛かったり、特別料金の支払いを求められたりすることもあります。そこで、日頃から身近なところにある印刷会社のホームページを参考にして、最新の料金の相場を把握することが大事です。

製本作業をスピーディーに行いたい場合には、注文後にすぐに作業に取り掛かってくれる印刷会社にお世話になることが肝心です。大手の印刷会社の中には、最短で一週間以内に製本作業を完了できるところもあり、すぐに納品をしてもらいたい場合には、じっくりと会社ごとの納期の長さについて比較をすることがおすすめです。また、製本作業に必要な時間について分からないことがあれば、一年を通じて顧客からの無料相談に応じている印刷会社の取り組みについてきちんと理解することが大切です。その他、製本作業の方法によっては、完成までに長い時間が必要となったり、選択できるデザインや文字の書籍などに制限が掛かることもあるため、定期的にいくつかの会社のサポートの内容をチェックしてみましょう。

仕上がりの良さを重視するうえで、ベテランの職人が揃っている印刷会社の実績を確認することが重要です。顧客サービスの向上のために様々な取り組みを行っている印刷会社の中には、過去に製作された絵本の中身をインターネット上で公開したり、専門的な知識を持つスタッフが相談に応じたりしているところが多くあります。また、絵本の製作の流れについて、一人ひとりの顧客に対して詳しく説明をしている印刷会社の数も増えているため、初めての人も不安なく契約を結ぶことができるようになっています。そこで、できるだけ信頼できる印刷会社に絵本の製本作業を依頼したい場合には、すでに人気のある会社を利用したことがある顧客のレビューを確認したり、カスタマーセンターに相談したりすることがおすすめです。

カテゴリー

PAGE TOP